相場の方向性を確認する時間帯

一日何回確認するべきか?皆さんは何回チェックしていますか?これから、スマホで値動きを確認する際の注意点を説明します。

 自分のライフスタイルに影響を与えない。

外国為替は24時間取引できます。でも、常に見ていてもしかたありません。だから、1日決まった時間帯にチェックして、条件にそった行動をするというのが、シンプルなことです。

私の場合は、朝7時にチェックします。その理由は、朝食を食べるちょっと前のタイミングです。このタイミングで、今日の作戦を考えます。トイレに入っている時もありますが、いずれにしても朝の数分だけアクセスしてみます。

つまり、早起きして(無理をして)チェックする必要はありません。

 方向性を確認する

今日は、どんな展開になるか。予想します。ここでの注意点は予測は当たらないと思っていて予想するという点です。そのために分割売買しているわけですからね。

方向性が読めたら、エントリーしてもいいです。読めなければ、見送りです。これなら、5分もかかりませんよね。月足、週足、日足を見るだけです。無理してエントリーするのを防ぐために、エントリー理由を箇条書きしておきます。スラスラかけないようであれば、見送り。つまり何もしないとい選択でOKです。

 まとめ

よくポチポチ病という言葉があります。これは、何も考えずトレードをしてしまうことです。根拠、論理をしっかりともち取引したほうが、一貫性のあるトレードができます。勝つことより、負けないほうが大事ですからね。

コラム

Posted by kobastar