取引量を増やすとメンタルが試される

最近、FXトレードがとても順調。
このままの勢いをつけて稼ごう!と思っている自分へのメッセージです。
参考になるのでぜひ熟読してください。

リスク管理を怠るべからず

10000通貨でドル円をトレードしてると、100pips反対に動いてもマイナス1万円。
このくらいの含み損は耐えられる、耐えられないというのは人それぞれでしょう。
以前の私もつらかった時期がありました。
でも、最近はこのくらいの含み損なら許容範囲です。
資金が増えていくにつれて、お金の器が広くなるというのかわかりませんが、
メンタルが強くなったのかわかりませんが、一言でいうと許容範囲が明確になってるということです。
ビジネスの王道には小さく初めてあたりがついたら大きくしていくというのがあります。
FXも同じで、最初は含み損に耐えられる量しかポジションをとりません。
もっというと、ナンピンを入れられるか?というのもあります。
ナンピンは、さらに損を膨らませる場合があるので、慎重におこなわないといけません。
ということで、耐えられるレベルを上げていくのがコツであります。

資金追加か取引ロットをあげるか

10000通貨から50000通貨へ量を上げると、いままでの5倍の値動きによる資金の変動があります。
そこで大事なのが、100pips反対に動いたときの含み損をイメージしているかということです。
FXは1日で100pips動くことがあります。つまり、一日で5万の含み損に耐えられるメンタルかということです。
株式用語である、塩づけというのがありますが、塩漬けと仕込みでは大きくメンタルは違います。
含み損との向き合い方とテクニックを駆使すればチャンスになるのですが、そうでない場合は現実逃避とでも言えるでしょう。
いつかあがるだろう。このことばは絶対に禁句です。
そのため、ポジションを取る際に、あらかじめ作戦を練っておけば、取引ロットをあげてもいいと思っています。
短期トレードでは値動きは荒いですが、中期でみれば平均の位置に収束してきます。
月足チャートなどをしっかりみて冷静に判断したいものですね。