月が変わりトレンドが変わる?


6月に入りました。月足を非常に参考にしている私としたら、1日は非常に大事です。方向感がでますからね。
でも、ヒゲの場合もあるので注意が必要ではあります。
本日は、109円台まで回復しています。
*私は、ドル円のロングをもっています。
現在のポジションでは含み損が発生しています。でも、長期的に考えているので、別に気にしません。
そのための資金管理は徹底していますけど。
仮に105円になっても問題ないトレードをしています。ロスカットもしないです。
だから、トータルでは勝つことができるのですが、ポイントは、いつまでまつかということでしょう。
3年後にいくらになってほしいという欲望はありますが、正直な話、損しなければいいと思っています。
それは、元本さえ保持されれば銀行口座に眠らせておくより、いろいろと学ぶことができるからです。

大事なお金を動かすことによって、連動して経済を学ぶことができます。
例えば、米朝首脳会談などのニュースで為替が大きく動くのも、FXをしていなければ気になりません。
そして、資産運用という概念から小さなお金を運用するのはFXが適していると思います。
40000円あれば始められるわけです。

FXトレードを始めた時は、感情に振り回されていました。つまり、損ばかりしていました。
貯金していた100万が30万円になったということもあります。
取り戻そうとすればするほど取り戻せないものです。だからこそ、授業料だと自分に言い聞かせてきましたが、
ようやく授業料の成果が出てきたと思いました。
一言でいうと、自分の売買ルールを作って守る!これにつきるわけです。
よく、売買ルールを作るのがわからないという人がいますが、簡単です。
買うのは、前日に50pips動いた時にエントリーする。というレベルのものです。
結局のところ確率論なので、いくらチャートを見て研究したって、当てることは難しいのです。
もちろん、定石というのはあるのでしょうけど、それで稼げるのであれば、多くの人が稼げてることになります。

でも、実際は、稼げている人は全体の何割でしょうか?
おそらく勝ったり負けたりしてるひともいるでしょうが、ほんのひと握りではないでしょうか。
だからこそ、この手のセミナーや教材が売れるわけです。そんな売り手のことを考えると、
自分で研究していくことがとっても大事なことはわかるはずです。

そのために、FXトレード日記を付けて、自分の思考を客観的に見る機会があるといいと思います。
自分のトレード記録を付けると、母数という情報が貯まります。これはとても大きなデータになりますので、記録しましょう。