確率論的思考で考えることの重要性

2018年6月11日

じっくり待つ重要さ


先週からのポジションがなかなか含み益にならずのため、放置しています。
それは、私のスタイルがスワップ狙いのトレードだからです。
今月は、2つほどポジションを取りましたが、ロングポジションにもかかわらず下がっています。
つまり損失がでていることになります。
でも、これは、短期的な面でみればの話です。
このまま、1年間放置するつもりでいれば、作戦は大きくかわります。
現時点では2万通貨なので、1日100円ですが、スワップポイントが積み上がっていきます。
1ヶ月で、3000円積み上がるので、36000円は見込めるわけです。
ということは、360pips下がってもマイナスにならない計算になります。

FXトレード定石


今、109円30前後ですが、107円30まで下がってもマイナスになりません。
もちろん、一気に下がるものは一気に戻りますから、じわりじわりというトレンドなら、買い足すでしょう。
そのための分割売買ですからね。
たぶん、108.50あたりではナンピンいれるでしょう。平均値の考えでは、下がったときに買うのが定石です。
しかし、下がったときに頭によぎるのが、さらに下がったらどうしよう!というものです。さらに損失は拡大してしまいます。
そういうこともあるので、資金管理がとっても大事なんですよね。予期せぬことも考えて、どんどん買い足しができる資金配分が重要でしょう。100万円あるなら、一度に投下する金額はいくつにしますか?
私なら5万円です。すこしずつ、反応を見ながら投下していくのが懸命です。
FXトレードにかぎらず、あらゆるものに絶対というものはないと思います。
だから、テストマーケティングや、分割売買や、サンプルなど、すこしづつあたりをつけていくわけです。
そして、間違ったら、改善するというPDCAはとても大事ですよね。
よく、ビジネスと投資は別ものだといいます。でも、共通した理論も多々あります。
そのへんは、戦略というか方向性というか、何を目的にしているかということでしょう。
結果的に大きく稼いでいる人の共通点は、当たりを付けるまでは試すということでしょう。
自分なりに検証していくことが何より重要ですよね。

コラム

Posted by kobastar